postheadericon いつか自分も

眼鏡型補聴器というのをご存知ですか?

今は、補聴器にも色々な種類が出てきていますね。補聴器は眼鏡と一緒に売られていることが多いですが、そもそも補聴器をつけていても目立ちにくいように、眼鏡と一体型になっているタイプが売られている場合もあります。そのため、以前よりもずっと自然なつけ心地になっていますので、きこえが気になる方でも最新の商品でしたら抵抗なくつけられるかもしれません。

いつかは自分も使うことになるであろう、補聴器と眼鏡。
補聴器と言えば、耳の穴に入れて使うものと思っている方もいるかもしれませんが、より自然な耳かけタイプの商品もあります。その他にも箱型補聴器と言って、イヤホンのようにして使用するタイプのものもあります。
色々な商品があって、どれもいいなと思ったのですが、私がこれはいいと思ったのは眼鏡型補聴器だったのです。レンズに度を入れることも可能だということなので、眼鏡を合わせに行った際は、お店の人に尋ねてみるといいのではないでしょうか。

加齢によって聞こえに不安が出てくるのは誰にでも起こり得ることです。そして、加齢によって老眼になることも、やはり誰にでも起こり得ることですよね。
眼鏡をかけずに、ずっと目に無理をさせている状態で過ごしていると、それがかえって負担となり、老眼を早めてしまうケースもあると考えられています。
今は眼鏡にも色々なタイプが売られておりますので、視力が悪くなってきたなと感じている時は、お店をのぞきに行ってみるといいと思います。

関連リンク

アーカイブ